豊胸手術には様々な施術法がある|身体への負担が少ない方法

バストの美容整形

笑顔の女の人

手術前に確認すること

バストを大きくしたり、左右差を整えたりする整形を豊胸手術と言います。豊胸手術といっても様々な種類があります。そして手術ごとにメリットもあればデメリットもあります。メリットばかりに注目せず、デメリットも考慮して十分に納得してから手術をすることが大切です。プロテーゼを入れる豊胸手術は最も古くから行われている豊胸手術です。豊胸手術で入れるプロテーゼは年々進化していて、今はとても耐久性が高く、かつ触感が自然なプロテーゼが普及しています。一生体の中に入れておくものなので、プロテーゼ挿入の豊胸手術をする場合は、品質や安全性をしっかりチェックすることが大事です。品質が悪いと入れ替えが必要になる場合もあります。

注入式の豊胸

豊胸手術というとプロテーゼ挿入が有名ですが、今はヒアルロン酸注入法や脂肪注入法といった注入式の豊胸手術もあります。ヒアルロン酸注入法は最も簡単にできる豊胸手術です。アンダーバストなど目立たない部分からヒアルロン酸を注射器で入れて、バストにボリュームやハリを出す手術です。体をメスで切開しないので手術跡が残らず、カウンセリングをした後に日帰りで簡単にできます。脂肪注入法は自分自身の脂肪を使用して行う豊胸手術です。無駄なぜい肉をそのままバストに移動させることができるので、体にメリハリが作れます。自分の脂肪を使うことで、ナチュラルな仕上がりになります。脂肪細胞がバストに生着すれば、効果は半永久的に続きます。