豊胸手術には様々な施術法がある|身体への負担が少ない方法

手術の特徴とケアの仕方

バストを測る女性

手術後のマッサージ

豊胸手術をしたあとは、仕上がりを完璧にするために自分でアフターケアをする必要があります。シリコンバッグや生理食塩水を入れるバッグプロテーゼ挿入法は、手術後腫れが引いたらマッサージをするのが基本です。マッサージをすることで組織となじみやすくなります。ピュアグラフトなどの脂肪注入法による豊胸手術も、術後のマッサージが必須です。マッサージを怠ると脂肪が石灰化してしこりになる場合があるので注意が必要です。クリニックによっては豊胸手術後に光治療などのトリートメントを何回か無料でしてくれるところもあります。手術をして終わりではなく、アフターケアまでしっかり面倒を見てくれるクリニックで手術をすれば安心できます。

一日でバストアップできる

出産や加齢で垂れたバストや、生まれつき小さなバストを、一日で改善できるのが豊胸手術です。豊胸手術は比較的昔から行われてきた、女性に人気の美容整形手術です。豊胸手術でバストに入れるシリコンバッグの素材は日々進化しており、天然バストと区別がつかないくらい自然な仕上がりにできます。プチ整形でバストを大きくするヒアルロン酸注入法も人気です。バッグプロテーゼ挿入法や脂肪注入法はメスを使いますが、ヒアルロン酸注入法はメス不要で出来ます。注入できるヒアルロン酸の量には限界があるので、バストをワンサイズアップしたい場合に向いています。ヒアルロン酸は体の中にも存在する成分で、時間の経過とともになくなっていきます。