豊胸手術には様々な施術法がある|身体への負担が少ない方法

憧れのボディラインへ

胸の整形

豊胸手術を受ける時はクリニックの地名度や規模よりもドクターの経験に注目して選びましょう。一日や数週間だけ豊胸できるメスを使わない簡単な方法もあり、本格的な手術の前に体験感覚でバストアップしてみたい方にはおすすめです。

More Detail

胸の大きさを変えるには

バストを測る女性

手軽な整形手術

美容外科で行う豊胸手術は手がるにバストアップできる治療として人気です。胸を大きくするだけでなく、理想の形にできることも豊胸手術のメリットの一つです。左右の胸の大きさが違うと悩んでいる人は胸の大きさを揃えることができます。加齢によりたれたりしぼんでしまった胸を以前のようなハリのある形に戻すこともできます。豊胸手術は様々な胸のコンプレックスを解消する治療なのです。豊胸手術はヒアルロン酸を注入する方法があります。豊胸手術の中では簡単な治療で手術時間も短く体への負担も少なくてすみます。ヒアルロン酸は、もともと体にある成分なので半年もすると吸収されてしまいます。定期的に注入することでバストアップ効果が持続します。

効果の長いバッグ注入

脂肪注入法は体の余分な脂肪を胸に注入する手術方法です。おもにお腹周りや太ももなどの脂肪が使われます。胸の中で脂肪が定着することによりヒアルロン酸注入より持続期間が長続きします。シリコンバッグを挿入する豊胸手術は、両脇の下などを数センチ切開して行います医師によっては大胸筋の下や乳腺の下などを切開する場合もあります。シリコンバッグは小さなものから大きなものまでサイズがそろっており、ほかの手術法では不可能なボリュームのある胸を作ることができます。またシリコンバッグは体に吸収されることがないのでほかの手術方法より効果が持続します。シリコンバッグは、大きさが気に入らなければ取り出して再手術をすることも可能です。

バストの美容整形

笑顔の女の人

美容整形の豊胸手術をすれば、バストのコンプレックスを改善して自分に自信が持てるようになります。豊胸手術には、プロテーゼを挿入する手術、ヒアルロン酸を入れる手術、自分自身の脂肪細胞入れる手術などがあります。

More Detail

手術の特徴とケアの仕方

バストを測る女性

豊胸手術をすれば、小さなバストを一日でサイズアップできます。シリコンバッグを入れる豊胸手術や脂肪を入れる豊胸手術をしたあとは、しこりにならないようにバストをマッサージして組織となじませる必要があります。

More Detail